善玉菌

偏食と便秘の関係性

私たちの食生活は豊かになり、ファーストフードや外食など選択肢がとても増えてきました。
偏食で最も多いのが、野菜を食べないことです。
野菜は名前でも加熱しても食べることができる食品ですが、サラダや野菜だけでは物足りないと感じる人が多いです。
これらの野菜は植物性の食品ですが、好んで食べられているお肉や魚などは動物性の食品になります。

動物性の食品は過剰に摂取してしまうと、便に悪玉菌が繁殖しやすくなってしまいます。
さらには野菜に含まれる食物繊維が不足しているため、腸のぜん動運動が鈍くなり便秘になりやすくなります。
このような生活が長期間続けられると、便秘が慢性化してしまいます。

便が腸内に滞在する時間が長くなればなるほど、有害物質を体内にたくさん排出してしまいあらゆる病気のきっかけになります。
一番警戒しなくてはいけないのが大腸がんです。
大腸がんの患者で便秘を抱えている人の確率はとても高いです。

なるべく偏食をただし、腸内環境を整えることで便秘解消につながります。
野菜などが苦手な人は、乳酸菌を含むヨーグルトやオリゴ糖などを摂取すると腸内環境が改善されやすくなります。
バランスがいい食生活が、便秘解消だけでなく健康的な体にもつながります。

このページの先頭へ