善玉菌

腹痛が出てしまう便秘について

便秘になってしまうと腹部にいつもとは違う異変を感じます。
お腹がぽこっと出てしまうだけでなく痛みを伴う場合があります。
個人差はありますが、急な痛みで座り込んでしまうほどの腹痛を伴う場合があります。

このような腹痛を伴う場合、腸はどのようなことがおきているのでしょうか。
便秘は本来排出されるはずの便が蓄積されてしまっている状態のことを指します。
便が溜まってしまうと、腸内で発生したガスが排出できなくなってしまいます。
これによって、ガスが腸の中で充満して腸を圧迫して痛みが発生します。
そのため下腹部にハリを感じるような痛さが慢性的に続きます。

腹痛を改善するためには排便も大事ですが、ガスを排出するだけでも十分効果があります。
ガスを排出するためには、お腹をマッサージするのが効果的です。
へその周りをのの字をかくようにマッサージすると、腸が刺激され便秘解消につながります。

そのほかにはお腹を温めるのも効果的です。
温めることで腸の動きが活発に働き、ぜん動運動が促進されます。
ガスが出て痛みが治まるまでこれらの対処法を続けていきましょう。

もしも歩けないほどの激痛を感じた場合は、我慢せず病院に受診しましょう。
腸がねじれていたり、大きな病気の前兆の可能性もあります。

このページの先頭へ