善玉菌

子供に対応できる便秘解消方法

便秘になるのは大人だけではありません。
小さな乳児から子供まで、便秘になってしまう可能性は高くなっています。
子供の便秘の場合、一番心配なのが自分で症状を具体的に伝えることができません。
特に乳幼児は幼児よりもさらに自分で意志を伝えられないため、両親の観察力が重要になります。

そこで子供が便秘になってしまったときの解消法を知っておきましょう。
まず子供にとって便秘は、大人と同様で3日以上の排便が無かった場合、便秘の疑いがでてきます。
しかし子供によっては排便の感覚が異なり、間隔が開いていても定期的にきている場合は便秘と判断しない場合もあります。
乳児の便秘で心配な時はあおむけの状態で腹部を触って、お腹に硬い部分があったら便秘の可能性が高いといえます。
嘔吐や食欲不振が続くときは気をつけましょう。

子供の便秘解消法として有効的なのが、食事の改善です。
食物繊維が豊富なメニューを作るようにしましょう。
根菜類を食べやすく調理したり、芋などを使ったお菓子を作って食べやすくしてあげるのも重要です。

そのほかにも乳酸菌は善玉菌を増やす働きがあるので、腸の働きを活発にします。
ヨーグルトや牛乳などを積極的に食事に取り入れましょう。
また水分をたくさん与えてあげることも重要です。

このページの先頭へ