善玉菌

ストレス社会の便秘を対応する

現代人でストレスを全く抱えていないという人はほとんどいないでしょう。
何かしらのストレスを抱え込んでしまうことで、あらゆる病気を発症してしまいます。
死亡率が高いがんを発症させてしまったり、肌荒れなどの軽傷まで幅広くあります。

そんなストレスによって起こる一つの症状として、便秘があげられます。
ストレスと便秘は関係ないように思われがちですが、実は関係性が深いことが分かっています。
よくストレスや極度の緊張を抱えるとお腹が痛くなると感じる人もいるでしょう。
精神的にバランスが崩れてしまうと腸の働きに影響があることが分かっています。

ストレスによる便秘は、ストレス性便秘やけいれん性便秘と呼ばれています。
腸がけいれんを起こしてしまうことで、腸のぜん動運動が正常に働かなくなります。
すると便がうまく体外に排出することができずに便秘となってしまいます。

またストレスは交感神経のバランスを悪くしてしまいます。
これによって便の排出をスムーズにするための水分の分泌が低下してしまいます。
水分が少なくなると、便が腸にとどまりやすくなり便秘へとつながってしまいます。

このようにストレスと便秘には大きな関係性があります。
上手にストレスを解消することが、一番の便秘解消法といえます。

このページの先頭へ