善玉菌

便秘解消方法の種類について

まず便秘には一過性のものと習慣性のものがあります。
習慣性の便秘の場合は、それぞれの特徴に合わせた便秘解消を知っておく必要があります。

習慣性便秘症は大きく分けて弛緩性、けいれん性、直腸性に分かれていると言われています。
弛緩性便秘は、お腹の筋力と腸のぜん動運動が弱まることで、便を押しだす機能が低下してしまって起きてしまいます。
この場合の対処法は、腸の働きを活発にさせる乳酸菌や食物繊維を豊富に含んだ食事を心がけましょう。
また腹式呼吸を意識したり腹筋を鍛えるようにすると、排便がスムーズに感じられます。

けいれん性便秘の場合は、ストレスなど精神的な負担から自律神経が乱れてしまい腸が正常に働かなくなり便秘になってしまいます。
一番はストレス解消できることで、症状緩和ができます。
それが難しい場合は、朝リラックスするための時間を30分確保することです。
また海藻や寒天などの水溶性食物繊維を摂取すると効果がえられます。

最後に直腸性便秘は、便意を我慢してしまうことが原因で起きる便秘です。
便秘化し方法としては、便意を我慢せず排泄するための時間を確保することです。
朝が一番排泄しやすいため、朝の時間に余裕を持つようにしましょう。

このページの先頭へ